2011年11月05日

看護、福祉を学ぶ学生支援

仕事内容を理解した上での支援が大切と感じています。

看護、福祉、一般企業に就職を希望する学生の支援についてです。
今回は看護の就職活動についてお伝えします。
・看護では、看護師、助産師、保健師、養護教諭等。
・就職活動時期は、事業所にもよりますが、5月位から病院見学会等が始まり、採用試験のピークは8月〜9月にかけて。
・看護師の主な就職先は、総合病院、県立、市立、健診センター等です。看護師が不足しているので、ほぼ希望先に就職することができます。勤務地を第一条件として考える学生がいますが、研修制度が充実している、職員や病院内の雰囲気が良い、などで決めることが多いようです。
・助産師の主な就職先は、看護師と同様、総合病院、県立、市立等です。求人数が少ないため(地方では)総合病院では、看護師として入職し経験を積み、その後、助産師として働くチャンスがもらえるケースがあります。
・保健師は、県立、市立がほとんどです。採用数が1名など求人数が少ないため、複数の市町村に応募します。不合格となった場合は、看護師として働く道を選ぶ、または、臨時採用として働き、翌年度、再チャレンジする人もいます。総合病院などで看護師として働き、翌年度、再チャレンジすることも可能ですが、多忙により勉強する時間がとれないケースがあり、応募を断念するケースもあります。

いずれの職種も、国家資格を取得することが条件ですので、内定をもらっていても国家資格が不合格であれば、採用は取り消しとなります。

次回は、面接対策についてお伝えします。

投稿:瑞華
posted by キャリア支援知識 at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。