2011年10月15日

退職・転職を決断する前にすべきこと

需給調整の分野でよく聞く話ですが『自分がすこしだけ我慢をしておけば会社をやめる必要などなかった』・・・という人に遭遇します。
特に人間関係不調のため退職する例が多く見受けられます。
人間関係を悪化させないためには、@「挨拶+報告・連絡・相談」を徹底することが効果的です。
このことを徹底している人が会社をやめなければならない程人間関係を悪化させている例に出会ったことがないと言えるくらい効果があります。
上記のほかA業務改善に努力している、B他の人に負けない仕事上の得意技を持っている、C会社内のキーマンとの連携を強化している、など退職を決断する前に行うべきことが沢山あります。
上記のことがすべて出来ている人は、たぶん転職しても次の職場でそれなりに勤めることが出来る人だと思われます。
退職・転職を考えている人に現状を確認してみると、意外に良い展開に結び付く可能性があります。
posted by キャリア支援知識 at 18:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 需給調整 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人間関係を不調にしている人を見ていると
@挨拶が不十分、挨拶の重要性に気付かない
A「報・連・相」が出来ていない
が多く見受けられます。
上記を徹底していれば、認められ受け入れてもらえます。
退職・転職をしたいと思っている人の多くは、現状から離れて問題解消をしたいと思っています。その前に、現状分析を!
Posted by ひろしま安芸区 中ちゃん at 2011年10月16日 17:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。