2011年10月15日

認知療法・認知行動療法マニュアル

・「企業」「大学校」の領域
・個人の面談をしている際に、リファーかどうか悩むことがあります。その際にうつ病チェックを使うとリファーを決めやすい利点があります。
・キャリアを考えて行く上で、クライアントの認知の部分の影響が大きくクライアントの変容を促進できないときがあります。その時にはマニュアル等を使います。認知修正ができる人にとっては有効です。そして、またキャリアコンサルティングに戻して行います。
シートをそのまま使っていくと時間もかかります。シートの変更はできませんので、知識としての自分の中への取り込みも有効に思います。
活用してみてください。
認知療法・認知行動療法マニュアル
http://jact.umin.jp/manual.shtml

投稿:田崎慎子
posted by キャリア支援知識 at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 複合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。