2011年10月09日

自己理解

キャリア支援で自己理解促進は特に重要な要件です。
主観的な自己理解はカウンセラーのスキルで色々な深め方がありますが、自己理解と仕事を繋げる(特性因子論やタイプ論)方法では、「客観的」にクライアントを図ることが市場に重要です。

以前はキャリアマトリクスというインターネットで使える便利な道具がありましたが、仕訳でサービスは廃止され、自己理解促進と自己理解と仕事を繋げるツールがなくなり非常に不便になりました。

測定、で便利なツールが「キャリアインサイト」
ただしこれは、研修を受けた後、CD-ROMを購入してしか使えません。
しかし、学校や公的機関では研修の条件なくても販売してくれるようですので、測定で困っている学校や支援機関はJILPTに連絡してみてください。
http://www.jil.go.jp/institute/seika/careerinsite/

大学生であれば登録すれば自己理解支援ツールを使える仕組みにしている会社もあるようですから、その結果を持ってきてもらうというのも一つの方法です。

アメリカの職業探察・アセスメントサイトは
http://www.mynextmove.org/
翻訳ソフトや検索エンジンの翻訳で手がかりぐらいはつかめると思います。

何でキャリアマトリクスをつぶしたのか、全く納得がいきません。

投書:田中春秋


posted by キャリア支援知識 at 18:05| Comment(0) | 複合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。