2011年12月14日

育児と仕事両立モデル

育児と仕事の両立でいい例がありました。
もうひとつモデリングのネタだけのストック集をネットで作ろうかとも思いましたが、管理できそうもないのでここに書きます。
アニメ化された「うさぎドロップ」の作者宇仁田由美さんの漫画家と出産後の育児のケースが「イブニング」新人賞審査員へのインタビューとして出ていました。
子供のことがあるといつ熱を出すか分からずスケジュールが読めないのでアシスタントを頼んでも準備できるかわからない。
不況で仕事が減っていた夫がデジタル作業で手伝い。
夫は全くやったことなかったがやってみて。
自分は三重だがアシスタントは北海道に嫁に行った人。
データを送ってチャットで夫も入れて3人で話ながら書いている。
自分は行きなり出産してしまったので、できる範囲でやればいいやと漫画を始めた。

だそうです。

周りを巻き込む力
育成力
新技術の活用
積極対処力
の活用です。

この人の漫画も読もうと思いました。
posted by キャリア支援知識 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 複合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

刑務所出所者と生活保護受給者の就労支援について

<刑務所出所者と接して>
支援をしている方の話ですが、刑務所出所者の方は、雇用主に犯罪前歴を伝えるか、伝えないかを考える場面があるそうです。支援者としては、犯罪前歴を伝えて、雇用主に理解してもらった上で働くことを提案するケースが多いことを知りました。
私が、行政機関で働いていた頃、求職登録で刑務所出所者の方と接する機会がありました。相談を進めていくと、「生気がない」し現住所をお聞きしても、「番地まではわからない」と話をされましたので、なにかいつもと違う(失業者の方とは違う)ような様子を受けました。住所から、刑務所出所者の方とわかり、担当の方に対応をお願いしたケースがありました。

<生活保護受給者と接して>
支援をしている方の話ですが、生活保護受給者の方は就労意欲を持ち合わせていない、そして、心の元気がないと感じるケースが多いそうです。就労以前の問題を抱えた人たちへの支援は、まず、心の元気を取り戻してもらうために、メンタルヘルスを中心に支援を行っているそうです。支援に時間がかかることを知りました。
私が、行政機関で働いていた頃(派遣切りのことが問題になった)相談窓口では、生活保護のお世話になりたくないが、家賃も払えず、どうしようもなくなって手続きをしてきたんだ。と働き盛りの男性の方が話をしていかれたことを思い出します。どうしようもなく、生活保護の手続きをされる方も多くいることを知りました。

投稿者:瑞華
posted by キャリア支援知識 at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 需給調整 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。